お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

宮城野区文化センター

TEL:022-257-1213 FAX:022-352-6221

宮城野区役所南側に隣接しておりJR陸前原ノ町駅からも徒歩1分という立地で平成24年10月1日に開館しました。地域文化の拠点施設として、音楽活動や発表に適し音響特性に優れた「音楽用ホール パトナホール(384席)」と舞台芸術の創作・発表に適した「演劇向けホール パトナシアター(198席)」を備えています。また、会議、サークル活動等に利用できる施設を備えた市民センター、情報センター、児童館、図書館が併設されています。

宮城野の明日をはぐくむ

パトナホール・パトナシアター催し物案内

3月(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

2月(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度 宮城野区文化センターの改修に伴うコンサートホール(パトナホール)の新規貸し出し休止について

改修工事予定のため、平成31年1月7日(月)から平成31年3月15日(金)までの平日について、コンサートホール(パトナホール)の新規貸し出しを休止します。

 なお、既にご予約いただいている区分はご利用いただけます。

 ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

平成30年度 震災復興交流事業 あなたのオモイ それぞれのカタチ を開催いたします。

震災復興交流事業 あなたのオモイ それぞれのカタチ

当事業は、東日本大震災後の平成2410月に開館した仙台市宮城野区文化センターと、併設の市民センターや図書館、児童館で連携しながら開催し、仙台市宮城野区の住民同士が交流する震災復興交流支援事業です。 あの日の出来事を風化させないため、震災で中断した人々の様々な物語や想いを語り継ぐため、さらに震災前にあった生活の営みの記憶を想い出てもらえるよう、進み続ける復興の中で、今の変わりゆく暮らしや地域のことについて、住民ができることを考える機会としてとらえてもらえるような、これから先のことを語り合うことで新たな交流が生まれる契機となるよう企画しました。 この町で生まれてくるたくさんの想い(オモイ)を、さまざまな表現方法で形(カタチ)にして、ステージや展示、映画を観て、聴いて、ワークショップや参加型事業で感じて、伝える、みんなが集いあえる広場のような願いで創りました。平成24年度から開催し、平成30年度で7回目の開催となります。

「もう」と「まだ」を心のなかで入れ替えながら過ぎる毎日。

それぞれが待つ「あの日から」を持ち寄って,みんなで語り合いたい。

震災から8年目の,さらにその先へ。

あなたの言葉で,声で,想いは伝わる。

 

2019年2月22日(金)~2月24日(日)

9時~21時まで(最終日は9時~16時まで)

 

宮城野区文化センターで開催

 

総合パンフレットは下記画像をクリックしてください。

         オモカタ総合パンフレット

 

下記の催物をホールで開催いたします。

詳細は各チラシをクリックしてください。

 

~コンサート~

◎2月22日(金) パトナホール 19時開演

 メモリアルコンサート「ヴァイオリン・ピアノ連弾・フルートの調べ」

         メモリアルコンサート

 

◎2月23日(土) パトナホール 13時30分開演

 仙台市立原町小学校 柿の木児童合唱団&柿の木バンド ジョイントコンサート

         ジョイントコンサート

 

◎2月24日(日)パトナホール 13時開演

 みやぎの「花は咲く」コンサート2019

         花は咲くコンサート

 

~朗読劇~

◎2月23日(土)パトナシアター 14時開演

 第7回朗読のつどい「あの日、あの時、私の記憶」

          朗読のつどい

 

~怪談~

◎2月24日(日)パトナシアター 14時30分開演

 コマイぬよみ芝居「あの日からのみちのく怪談」

        

第31回ワンコインコンサートを開催します

「ワンコインコンサート」は、作曲家の片岡良和氏監修のもと、「響きのよいホールで、クオリティの高い音楽を手頃な料金でより多くの皆様に」をコンセプトに、地域の方々が気軽に文化芸術に親しむライフスタイルを「ワンコイン=500円」で提供している親しみやすい曲を中心としたコンサートシリーズです。

日時:2019年3月14日(木)

出演者:アンサンブル ”パナ”

うた:相澤優子、マリ・ヒューレット、渡邊美穂 ピアノ:掛田瑶子

プログラム~青い山脈、愛の讃歌、愛の泉 他

14:00開演(13:30開場,15:00終演予定)


会場 宮城野区文化センターパトナホール
入場料 一人500円(チケット制:全席自由)
チケットは宮城野区文化センター窓口で販売しています。

(電話予約は3月1日より) お問合せ:宮城野区文化センター 022-257-1213

 

チラシをクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます。

Music from PaToNa 2019 の開催が決定しました

2019年 6thシーズンのラインナップを発表します。

【まだある名曲】をテーマにお届けする来シーズンのプログラムは、

「有名曲」と「無名ながら良曲」を、バランスよく皆様にお届けして参ります。

公演日時、プログラムはこちらから↓

下記をクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます。

 

 

■PaToNaマイシート(シリーズ4回通し券)一般発売

販売期間:2019年2月16日(土)~2月28日(木)

     先着順、限定200枚(2018年度マイシート購入者継続分を含む)になり次第販売終了

購入方法:文化センター窓口へご来館又は、電話でご連絡ください。(プレイガイドの販売はありません)

受付時間:9時~20時

※2月16日(土)のみ 窓口は9時から先着順で受付                                                                                 

           電話は11時から先着順で受付 

料金:10.000円(4枚綴り

4月24日(水)vol.21「かがやく」公演 3月9日(土)発売開始

一般 3,000円 ペア 5,500円 学生 1,500円

(仙台三越,藤崎,ヤマハ仙台店,カワイミュージックショップ仙台,銀座山野楽器仙台店の各プレイガイド,宮城野区文化センター窓口で発売)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Music from PaToNa

2014年、宮城野区文化センターPaToNaホールを舞台に、新しい室内楽シリーズがスタートしました。仙台フィルハーモニー管弦楽団ソロ首席奏者でチェロの三宅 進氏を音楽監修に迎え、仙台フィルのメンバーを中心としたアンサンブルは、高いレベルの演奏と、メンバーによる楽しいトーク、様々な音楽発信プロジェクトをお送りしています。

これまで仙台ではまとまって聴く機会の少なかった室内楽というジャンルの、定番から隠れた名曲までの豪華なプログラムを、いま、最も熱いメンバーの演奏でお楽しみください。

Music from PaToNaは、地元仙台を中心とする東北の熱いクラシックファンに支えられて、この度5度目のシーズンを迎えることができました。これも、音楽監修の三宅進氏、プランナーの助川龍氏、西沢澄博氏をはじめ、仙台フィルハーモニー管弦楽団の多大なご協力と、毎回コンサートに足を運んでいただけるお客様のご支援あってこその賜物だと感謝しております。誠にありがとうございます。


2018年シーズンのプログラムが決まりました。魅力的な演目で皆様をお待ちしております。

 

 

☆次回のコンサート

vol.20「すすむ」

2019年2月28日(木) 19:00開演

★12月1日(土)一般発売開始

曲目 ①ロッシーニ / ソナタ 第4番 変ロ長調 (弦楽のためのソナタ/管楽のためのソナタ)

   ②吉川和夫 / Music from PaToNa 2018 新作委嘱 アンティフォニーⅧ「星降る夜の記憶」                            ~オーボエ、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスのための~                                                                                                                                                                                        

   ③ベートーヴェン / 七重奏曲 変ホ長調 作品20

出演   川田知子(ヴァイオリン) 須田祥子(ヴィオラ) 三宅 進(チェロ) 助川龍(コントラバス)                       西沢澄博(オーボエ) ダビッド・ヤジンスキー(クラリネット) 水野一英(ファゴット)         溝根伸吾(ホルン)

                                                                                                       【vol.20 すすむ】ききどころ

ヴァイオリニストの川田知子、ヴィオラの須田祥子、いずれも室内楽のスペシャリストを、Music from PaToNaの仲間に招いて、弦と管、混合のアンサンブルを中心にお届けする回です。弦楽のためのソナタ/管楽のためのソナタ、とそれぞれ名前がついているものの実は同じ曲…としてそれぞれの楽器に重要な室内楽レパートリーとなっているロッシーニのソナタ。今回は遊び心から、弦楽器チーム4名、管楽器チーム4名が一堂に会して演奏します。さて、どんな風に演奏するのかは、いらしてからのお楽しみ。                        そして「Music from PaToNaのためのPrelude」を作曲してプレゼントしてくださった作曲家の吉川和夫さんに【新作委嘱】をお願いしました。室内楽がより発展していくためには、次代へ残す新作の委嘱も重要な使命ということで、新曲の産声を皆様とともにこのホールで。世界初演への立会人としてのお客様をお待ちしております。後半は、ベートーヴェンの七重奏曲。vol.1で演奏した曲目です。なぜこれを演奏するのか。もう一度やっている曲なのに…いいえ、一度演奏した曲でも、人が変わったり、時を経て、「いま」をお聴きいただくという意味での再演が、これからのMusic from PaToNaが「すすむ」ための大切な一歩となることを、皆様に感じて頂ければと願っています。

 

チラシをクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます

 

☆オープン・ゼミナール

より音楽を身近に Music from PaToNa 発信の地域密着事業

オープンゼミナール vol.20 「すすむ」のききどころ、そして第6期ラインナップのききどころのご紹介

2019年2月18日(月) 11:00~12:00

講師:三宅 進 氏(Music from PaToNa 音楽監督) 西沢澄博(Music from PaToNa プランナー)

事前に申込必要:2019年1月7日(月)9時より電話,FAX,e-mailにて

チラシをクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます

 

※2018年度第5期 Music from PaToNa 【オープン・ゼミナール】【アンサンプル・アカデミー】 【公開リハーサル】は、株式会社ハミングバード・インターナショナル様のサポートのもと開催してまいります。

【お申込み・お問合せ】宮城野区文化センター

電話 022-257-1213 FAX 022-352-6221 e-mail miyabun-ticket@hm-sendai.jp

 

☆チケット情報

●vol.20 「すすむ」 12月1日(土)発売開始

一般 3,000円 ペア 5,500円 学生 1,500円

(仙台三越,藤崎,ヤマハ仙台店,カワイミュージックショップ仙台,銀座山野楽器仙台店の各プレイガイド,宮城野区文化センター窓口で発売)

 

ハイレゾ音源

ハイレゾ音源のダウンロードは,都合により終了いたしました。

いままでご支援いただきありがとうございます。

(購入履歴のあるお客様は,お客様の端末が変更になってもmoraサイトから引き続きダウンロードできます)

平成30年10月分から12月分の「ふれあい製品展示販売会」の参加事業者等が決定しました。

宮城野区文化センター1階ロビーにおいて、障害のある方が作成した「ふれあい製品」の展示販売会を開催しております。

 平成30年10月~12月までの開催日等が決まりましたのでお知らせいたします。

 下記「ふれあい製品展示販売会販売日程一覧」及び各月表示よりご覧ください。

 

ふれあい製品展示販売会日程一覧 (PDF)

 

≪平成30年10月分≫      ≪平成30年11・12月分≫

10月     11月12月   

「地元学」を販売しています!

みやぎの区民協議会が、ふるさと創生事業の一環として、地元学講座を企画しました。「自分のまちをもっと知りたい」と講座に集まった市民が、自分たちが住む地域を「歩いて・見て・聞いて・調べて」まちの「ものがたり」を探す活動をした成果は冊子にまとめられ、区民の大切な財産になっています。
宮城野区文化センター窓口では、この地元学冊子を販売しています。見慣れた風景、身近な空間。歩いてみれば、地域がまちがもっともっと好きになるはず。冊子を片手に、あなたの散歩道探してみませんか?

せんくら2018 街なかコンサート 三宅進が語る“せんくら”の魅力!!を開催いたしました

 

せんくら2018 街なかコンサート 開催いたしました!

せんくらプレトーク&コンサート

 

当日は定員100名を超える137名のお客様に足を運んでいただきました。

ありがとうございました。

 

宮城野区文化センターPaToNaホール

三宅進が語る“せんくら”の魅力!!

●日 時:2018年9月4日(火)10:45開演
●会 場:パトナホール ホワイエ
●出 演:チェロ:三宅進  フルート:芦澤暁男
●料 金:無料 先着100名 ※満員の場合は入場をお断りする場合がございます。

 

夏の親子ステージたんけんたい「みんなで劇場をたんけんしてみよう!」を開催いたしました。

8月6日(月)に、夏の親子ステージたんけんたい「みんなで劇場を体験してみよう!」を開催いたしました!

 

台風接近に伴う大雨が心配されましたが、集合時間頃にはすっかり雨も上がり、絶好の探検日和となりました。到着した隊員から受付でもらった3つのミッションカードをヒントに貸切の館内で元気いっぱいに探検をスタート!みんな次々とクリアしてからパトナシアターへ集合。

 オープニングアクトとして、ゲストのボンクラーズ(榴岡児童館)による音と動きと絵をあわせたライブアートを実施。その後は舞台スタッフから劇場に関するレクチャーを受け、普段見ることのできない舞台の裏側、機材倉庫や楽屋を見たり、機械を操作したり、舞台技術を体験しました。

舞台上での照明機材を使った明かりのオン-オフやピンスポットの操作体験はみんな興味津々、時間を忘れるほど大人気でした。

 

お昼にはホール内にビニールシートをひいて、みんなで一緒に持ってきたお弁当を食べました。また、休憩中にはライブアートで出来上がった策人にみんなで自由に書き込みをして作品を完成させました。(完成した作品は今月いっぱいまで1階ビュッフェスペースに飾ってあります)

午後の部はボンクラーズとパフォーマンスに挑戦。ホールを目一杯使って、みんなのびのびと楽しく表現することができ、特に人形やミラー、文字ダンスが盛り上がりました。

 

夏休みに親子で楽しい思い出になったことと思います。

 

たんけんたいのみなさん、一日お疲れさまでした!!

 

  

  

催し物PR

「第45回 むさしの会演奏会」    

                       のご案内

 

3月3日に宮城野区文化センターパトナホールで開催されるコンサートのご案内です。

主催者からコメントをいただきました。

 

「前半は、武蔵野音楽大学4年次在学中の大竹千寛、中川耀太、畠山姫穂 以上ピアノとホルン千葉大輝による新人演奏。

後半は、昨年博士号を取得しましたテノール浅野洋介の独唱。フレッシュな演奏をお楽しみください。」

 

皆さま ぜひお出かけくださいね。

 

 

3月3日(日)開場13時30分 開演14時~

入場料 一般2,000円 学生1,000円 当日各500円増

お問合せ先は   陣内 090-2970-0472 sono.kimiko.piacere@jcom.home.ne.jp

              

 

 

 

 

●暴力団の利益となる使用の制限について

本施設は、条例に基づき「暴力団の利益となる使用」を許可しません。
また、許可した後に、「暴力団の利益となる使用」であることが判明した場合 は、許可を取り消し、または使用を停止します。
なお、暴力団の利益となる使用を制限するため、使用の許可等の決定に当たり、必要と認める場合には、宮城県警察本部に照会する場合があります。