お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

宮城野区文化センター

TEL:022-257-1213 FAX:022-352-6221

宮城野区役所南側に隣接しておりJR陸前原ノ町駅からも徒歩1分という立地で平成24年10月1日に開館しました。地域文化の拠点施設として、音楽活動や発表に適し音響特性に優れた「音楽用ホール パトナホール(384席)」と舞台芸術の創作・発表に適した「演劇向けホール パトナシアター(198席)」を備えています。また、会議、サークル活動等に利用できる施設を備えた市民センター、情報センター、児童館、図書館が併設されています。

宮城野の明日をはぐくむ

お知らせ

7月~9月分の「ふれあい製品展示販売会」の詳細が決まりました。

宮城野区文化センター1階ロビーにおいて、障害のある方が作成した「ふれあい製品」の展示販売会を開催しております。

 7月~9月までの開催日等が決まりましたのでお知らせいたします。

 下記「ふれあい製品展示販売会販売日程一覧」及び各月表示よりご覧ください。

 

ふれあい製品展示販売会日程一覧 (PDF)

 

 

≪7月分≫           ≪8・9月分≫

         

 

空間のアトリエ事業

今年も宮城野区内の幼稚園、保育所、児童館のみんなが手作りのこいのぼりを作ってくれました。
それを宮城野区文化センターの高い天井の所で気持ちよくおよいでいるよ。
みんな見にきてね。まってます!

 

開催チラシ(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

     「ふれあい製品」の展示販売会を開催しております。

 宮城野区文化センター1階ロビーにおいて、障害のある方が作成した「ふれあい製品」の展示販売会を開催しております。

開催日については、下記「ふれあい製品展示販売会販売日程一覧」よりご覧ください。

 

ふれあい製品展示販売会日程一覧 (PDF)

 

※6月30日の参加事業者が下記のとおり変更となります。

また、これに伴い販売物も変更となります。

 

         (新)事業者:せんしょう庵

(新)販売物:お団子、せんべい、つつみ揚げ、コーヒー豆、雑貨など

≪6月分≫

 

※予定は急きょ変更、中止になる場合もありますので、ご了承願います。

 

お問い合わせ   仙台市健康福祉局障害者支援課

仙台市青葉区国分町3-7-1 市役所本庁舎8

TEL:022-214-8164 FAX:022-223-3573

2014年、宮城野区文化センターPaToNaホールを舞台に、新しい室内楽シリーズがスタートしました。仙台フィルハーモニー管弦楽団ソロ首席奏者でチェロの三宅 進氏を音楽監修に迎え、仙台フィルのメンバーを中心としたアンサンブルは、高いレベルの演奏と、メンバーによる楽しいトーク、様々な音楽発信プロジェクトをお送りしています。

これまで仙台ではまとまって聴く機会の少なかった室内楽というジャンルの、定番から隠れた名曲までの豪華なプログラムを、いま、最も熱いメンバーの演奏でお楽しみください。

Music from PaToNaは、地元仙台を中心とする東北の熱いクラシックファンに支えられて、この度4度目のシーズンを迎えることができました。これも、音楽監修の三宅進氏、プランナーの助川龍氏、西沢澄博氏をはじめ、仙台フィルハーモニー管弦楽団の多大なご協力と、毎回コンサートに足を運んでいただけるお客様のご支援あってこその賜物だと感謝しております。誠にありがとうございます。


2017年シーズンのプログラムが決まりました。魅力的な演目で皆様をお待ちしております。

 

 

☆次回のコンサート

Vol,14 「ふかまる」

2017年7月13日(木) 19:00開演

 曲目 ①ショスタコーヴィチ ピアノ三重奏曲第1番 ハ短調op.8

    ②フォーレ ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調op.15

    ③ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 ト短調op.25

 出演 西本 幸弘(ヴァイオリン)、須田 祥子(ヴィオラ)、三宅 進(チェロ)

    津田 裕也(ピアノ)

聴きどころ

2007年「第3回仙台国際音楽コンクール」のピアノ部門優勝者で、仙台市出身のピアニスト津田裕也氏が、Music from PaToNa初登場します。さらに、今や日本を代表するヴィオラ奏者との呼び声も高い東京フィルハーモニー管弦楽団首席の須田祥子氏がゲスト出演。仙台フィル・コンサートマスターの西本幸弘氏、仙台フィル・チェロソロ主席でMusic from PaToNa 音楽監修の三宅 進氏四人で繰り広げられる、ハイレベルな共演をお楽しみ下さい。曲は、前半にショスタコーヴィチの単一楽章の作品を、そしてピアノ四重奏曲中屈指の名曲中の名曲と言われる、フォーレとブラームスの作品です。

チラシをクリックすると、新規タブでPDFファイルが開きます

 

☆チケット情報

Vol,14 「ふかまる」 発売中

一般 3,000円 ペア 5,500円 学生 1,500円

仙台市内各プレイガイド(仙台三越、藤崎、ヤマハ仙台店、カワイミュージックショップ仙台)

宮城野区文化センター窓口で販売しております。

売り切れが予想されますので、ぜひお早めにお買い求めください。 

 

☆オープンゼミナール

コンサート前の期待を膨らませる楽しい予習の時間、出演者本人による室内楽の魅力、作曲家のエピソードなど、音楽小噺満載のオープンゼミナールを開催します。

次回は昼夜2回開催!決定 6月28日(水)①11時~12時 ②19:30~20:30 講師:三宅 進氏(Music from PaToNa 音楽監修)、助川 龍氏(Music from PaToNa プランナー)

【ヨハネス・ブラームスものがたり】~低音楽器奏者が語るブラームスの魅力~

2017年5月8日(月)9:00より受付開始(電話 257-1213、またはメール miyabun-hall@hm-sendai.jpまで)

 

☆公開リハーサル

室内楽のリハーサルってどんな風にやるの?オーケストラとは違って指揮者のいないアンサンブル。そのリハーサルを一部公開します。

2017年7月12日(水)16:00~17:00 パトナホール 直接会場へお越しください。リハーサル先着100名

 

ハイレゾ音源を販売中

ご自宅でコンサートの模様が再現されます。音質は、CDを超える高音質と今話題の「ハイレゾ」音源で、FLACとDSDを用意しました。 

(詳細はモーラサイトhttp://mora.jp/artist/711869/ をご覧ください。)

 

Music from PaToNa vol, 9「きらめく」全曲 
DSD版 ¥1,500  FLAC版 ¥1,500

 

 

Music from PaToNa vol,10「おりなす」 
ハイドン:弦楽四重奏曲 第77番、ドヴォルザーク:弦楽五重奏曲 第2番 
DSD版 ¥1,200  FLAC版 ¥1,200

現在発売中のオーディオ雑誌 Digi Fi(デジファイ)に、Music from PaToNa を含む、mora classical のサンプル音源DVD(ハイレゾデータ収録)が付録されています。

催し物PR

 

「第11回 ナザレトコーラスコンサート」 

のご案内

 

78日に宮城野区文化センターパトナホールで開催されるコンサートのご案内です。

主催者からコメントをいただきました。

 

「星野富弘詩画集『風の旅』の中より、新実徳英さん作曲の6曲を歌います。

星野さんの世界を少しでもお届け出来ましたと願います。」

 

皆様 ぜひお出かけくださいね。

 

 

「第11回 ナザレトコーラスコンサート」

 

78日(土)開場:1330分 開演:14時~

      入場料:無料

お問い合わせ先は ナザレトコーラス 清野 022-244-5455

 

 

「男声合唱団せんざん 第8回演奏会」

のご案内

 

729日に宮城野区文化センターパトナホールで開催されるコンサートのご案内です。

主催者からコメントをいただきました。

 

「男声合唱団『せんざん』は平均年齢65歳超、団員25名の小ぢんまりとした合唱団です。第2火曜日と第4火曜日の月2回練習をしています。練習本拠地は主に八本松市民センターです」

 

皆様 ぜひお出かけくださいね。

 

 

「男声合唱団せんざん 第8回演奏会」

729日(土)開場:1330分 開演:14時~

     入場料: 1,000

お問い合わせ先は 戸川 090-4318-9919

 

 

「地元学」を販売しています!

みやぎの区民協議会が、ふるさと創生事業の一環として、地元学講座を企画しました。「自分のまちをもっと知りたい」と講座に集まった市民が、自分たちが住む地域を「歩いて・見て・聞いて・調べて」まちの「ものがたり」を探す活動をした成果は冊子にまとめられ、区民の大切な財産になっています。
宮城野区文化センター窓口では、この地元学冊子を販売しています。見慣れた風景、身近な空間。歩いてみれば、地域がまちがもっともっと好きになるはず。冊子を片手に、あなたの散歩道探してみませんか?

●暴力団の利益となる使用の制限について

本施設は、条例に基づき「暴力団の利益となる使用」を許可しません。
また、許可した後に、「暴力団の利益となる使用」であることが判明した場合 は、許可を取り消し、または使用を停止します。
なお、暴力団の利益となる使用を制限するため、使用の許可等の決定に当たり、必要と認める場合には、宮城県警察本部に照会する場合があります。