お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

お知らせ

【職員の新型コロナウイルス感染症の感染について】

 当財団が指定管理者として運営している児童センター(鶴が丘児童センター)に勤務する職員1名が,新型コロナウイルス感染症に係る検査を受けた結果,陽性であることが確認されました。
 保健所による調査の結果,濃厚接触者の対象となる職員や児童等はおりませんでしたが,それに準ずる検査対象者として保健所が認定した職員・児童については,順次,PCR検査を行う予定です。
 このことを受けて,仙台市担当部局の指導のもと,当該児童センターは施設内の消毒を実施するため,本日,1月19日(火)を臨時休館とさせていただきます。なお,休館期間が延長となった場合は,あらためてお知らせいたします。
 今後も保健所の指導のもと,ご利用の皆様と職員の安全を最優先とした感染症対策を徹底してまいります。
 ご利用の皆様におかれましては,ご不便・ご心配をおかけいたしますが,何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人仙台ひと・まち交流財団
担当課:子ども育成課 ℡ 022-268-5084

【戦災復興記念館・文化センターのご利用について】

「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う仙台市の事業及び施設等の取り扱いに係るガイドライン」が改訂され,令和3年2月28日までの催し物について開催制限が緩和されます。

●ホールや展示ホールの定員(人数上限)については,こちらをご覧ください。
 なお,ホールや展示ホールを定員の半数以下でご利用の場合,施設使用料の減免があります。

戦災復興記念館
宮城野区文化センター
若林区文化センター
太白区文化センター
広瀬文化センター

●ホール以外の各諸室の利用人数については,通常どおり定員に合わせてのご利用が可能となりますが,飛沫感染等の可能性が高いと考えられる活動を行う場合には,引き続き定員の半数以下でのご利用をお願いします。

●感染予防対策が十分に取れないと判断された場合,利用のキャンセルをしていただいて構いません。この場合,使用料は全額返金いたします。

【移動図書館 巡回再開のお知らせ】

移動図書館ページへ➡

 緊急事態宣言の対象地区が全国に拡大されたことを受け4月18日(土曜日)より移動図書館を休館していましたが、今般の外出自粛の一部緩和を踏まえ、5月12日(火曜日)から移動図書館の巡回を再開します。
 なお、今後の状況により、サービスの内容を変更する場合があります。
 ご理解とご協力をお願いいたします。

【交通安全指導・交通安全教室について】

交通安全教室ページへ➡

「新型コロナウイルスの対応について」
仙台市内で多発している新型コロナウイルス感染症のため交通安全教室の開始が遅れています。

■今後の予定
〇幼児対象の交通安全教室
・教室の案内(郵送予定)5月7日(木)頃
・教室の開始(予定)       6月1日(月)から

〇高齢者対象の交通安全教室
・教室の開始(予定)       6月1日(月)から

■延期・中止
上記のとおり開始を予定しておりますが、今後の情勢によっては延期または中止する場合がありますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【児童館のページがリニューアルしました!】

児童館についてはこちらのページからご覧ください。

【使用料改定のお知らせ】

消費税率引き上げに伴い、市民利用施設の使用料について、2019年10月1日利用分より、消費税相当分を8%から10%に改定した新使用料が適用されます。(ただし、2019年9月30日までに申請などの所定の手続きが済んでいる場合は、利用日が2019年10月1日以降でも現行の料金を適用します。)

※下記のリンク先に、施設ごとの改定内容等を掲載しています。
※施設ごとの改定内容についてご不明な点は、施設所管課にお問い合わせください。
※施設所管課:市民局地域政策課(電話:022-214-6130・FAX:022-214-6140)

■戦災復興記念館
■宮城野区文化センター
■若林区文化センター
■太白区文化センター
■広瀬文化センター
■市民センター

【バナー広告募集のご案内】

当財団では、市民サービスの向上及び地域コミュニティの活性化を図るための財源を確保することを目的に、WEBページを媒体としてバナー広告を募集しています。詳しくは、WEBページ広告募集要項のページをご覧ください。