お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

広瀬文化センター

TEL:022-392-8401 FAX:022-392-8410

仙台市郊外にありながら、中心部から車で15分ほどの距離。 605名(車椅子席5席含む)収容のホールは、音楽の発表会・練習はもちろん、舞踊・演劇など、ジャンルを問わず幅広い用途にお使い頂けます。特に、多目的ホールとしては残響特性にすぐれているとご好評を頂いております。

感動を形にする文化芸術創造空間

お知らせ

第30回記念 宮城地区まつり ・ 第30回 広瀬市民センターまつり

広瀬文化センターは地域唯一の劇場型ホールとして、地域のイベントを積極的に応援し、地域の文化資源の掘り起こしに努めています。この時期は、毎年秋に開催する「宮城地区まつり」や「広瀬市民センターまつり」において、文化センター職員も運営スタッフの一人として催し物の運営に参加しています。特に地区まつりでは舞台図面制作や出演者連絡調整、当日の進行や安全管理など、また、市民センターまつりでは展示設営サポートや音響機材セッティングなど、ステージのコーディネーター的な立場で催し物運営に全面的に協力しています。宮城地区まつりは、伝統芸能の発表や地場産品の販売を通じ宮城地区の素晴らしさを発信する秋のおまつりです。また、広瀬市民センターまつりは、日頃、市民センターで活動する地域の皆さんの学習成果を展示やステージにおいて発表します。今年はどちらのおまつりも記念すべき30回の節目。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場いただき、地域の皆さんで大いに盛り上げていきましょう!

●開催日時 平成30年10月28日(日)10時から15時(雨天決行)
●開催場所 宮城総合支所前広場・広瀬文化センター・広瀬市民センターほか
        会場内には駐車所がありません。
        特設駐車場から会場までシャトルバスが出ています。
        まつり駐車場・無料シャトルバス案内
●入  場 無料
●ちらし等 ①宮城地区まつり ②広瀬市民センターまつり

ステージ演出体験with愛子の田植踊

コンサートホールで使われている様々な演出機材の操作方法を勉強して、地域の伝統芸能「愛子の田植踊」のステージ演出を参加者全員でプロデュース体験しました!

■日 時 平成30年8月21日(火)13時から16時まで
■会 場 広瀬文化センターホール
■参加者 24人(職場体験の中学生4名含む)
■主 催 広瀬文化センター・広瀬市民センター
■協 力 愛子の田植踊保存会
■当日の詳しい様子は、こちらをクリックしご覧ください。

ひろせサマーナイトコンサート2018

地域の皆さんとお客様、広瀬文化センター・広瀬市民センターが一体となって創りあげる、真夏の夜の屋外コンサート「ひろせサマーナイトコンサート2018&民俗芸能フェスティバル」を開催しました!11回目の開催として新たな気持ちでの開催。おかげさまで「毎年楽しみにしています。」と言った嬉しいお言葉を頂戴する機会も増えました。こうした気持ちにお応えすべく、毎年一工夫の気持ちでもって開催しています。暑い中、懸命にステージを盛り上げていただいた出演者の皆様、屋台やクッキングコーナー・おたのしみコーナー・子ども遊びコーナーでお祭りを盛り上げていただいた地元の皆様、そして、今年もコンサートを楽しみにして会場へ足を運んでいただきましたお客様、皆様、本当にありがとうございました!

● 開催日時 平成30年8月4日(土)17時30分から20時まで
       ※出店・お楽しみコーナーは16時30分より
● 開催場所 広瀬文化センター屋外特設ステージ
● 入  場 無料
● 来場者数 延べ1,800人
● こちらのご案内ちらしをご覧ください。
● 詳しくはこちらの当日の様子をご覧ください。

朗読コンサート「音楽で奏でる本の世界」

広瀬図書館・広瀬市民センター・広瀬文化センターの3館共催で、皆さんがよく親しんだ本のお話しに登場する音楽を題材とした朗読コンサート「音楽で奏でる本の世界」を開催しました。コンサートでは、6月24日(日)に開催した朗読ワークショップに参加した小学生の朗読とプロの演奏家「Honey Toco from Happy Toco」の榊原光裕さんのピアノ演奏、佐藤聡子さんのヴァイオリン演奏とのコラボレーションをお楽しみいただきました。

★朗読ワークショップ

●開催日時 平成30年6月24日(日)10時から12時まで
●開催場所 広瀬市民センター セミナー室(広瀬文化センター2階)
●参加者数 6人(小学生)
●こちらのご案内ちらしをご覧ください。
●こちらの当日の様子をご覧ください。

★コンサート

●開催日時 平成30年7月1日(日)14時から15時30分まで
●開催場所 広瀬市民センターミニステージ(広瀬文化センター2階)
●出  演 Honey Toco from Happy Toco(ピアノ 榊原光裕さん、ヴァイオリン 佐藤聡子さん)
●来場者数 90人
●こちらのご案内ちらしをご覧ください。
●こちらの当日の様子をご覧ください。

ひろせワクワクシアター2018

「コンサートホールってどんなところ?図書館にはどんな本や映画があるの?」広瀬文化センターと広瀬図書館は、魅力溢れる映画を、家族や友達で一緒に楽しみながら、文化センターや図書館をもっと知っていただければと2館で協力して、子ども映画会「ひろせワクワクシアター」を企画しました。今回の上映作品は『怪盗グルーのミニオン大脱走』です。毎年この映画会を楽しみにしていただいている皆さんにゆったりとご覧いただけるよう、今年は午前と午後の2度上映しました。5シーズン目となる今回も開場前から長蛇の列ができ、なんと来場者は2回合わせて1,000名を超えました。大画面のスクリーンに映し出された涙あり笑いありスリリングな数々のシーンに、皆さんくぎ付けの様子で、コンサートホールが完全に映画館へ変身しました。多くの満足の声とともに、年々来場者が増加し地域の皆様にも楽しみにしていただいておりますので、今後も継続した開催を検討していきたいと思います。


(C)2016 Universal Studios.All Rights Reserved

●開催日時 平成30年6月16日(土)
        1回目 10時30分(開場10時00分)
        2回目 14時00分(開演13時30分)
●上映映画 『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え版
●開催場所 広瀬文化センターホール
●入  場 無料
●来場者数 1,040人(①550人②490人)
●こちらのご案内ちらしをご覧ください。
●こちらの当日の様子をご覧ください。

マイ・ステージinひろせ & マイ・ギャラリーinひろせ

広瀬文化センターでは、一年を通して「マイ・ステージinひろせ」並びに「マイ・ギャラリーinひろせ」事業を実施しています。マイ・ステージ&マイ・ギャラリーは、地域の皆様に文化センター内のロビーやミニステージ、オープンスペースなどの空間を発表場所として積極活用いただき、芸術・文化活動を身近に楽しむ機会と、当センターの賑わいのある楽しい空間創りに取り組むものです。これまでには、ミニ演奏会や発表会、また、写真や絵画などのアマチュア作品展示の場としてご利用いただいおり、催しが成功するよう文化センターがサポートします。下記の募集要項にて利用団体を募集中です。ご応募をお待ちしております。

● マイステージ&マイギャラリーinひろせ募集要項

 

 ★「自転車安全利用ポスター展」を開催しました!

マイギャラリーinひろせにおいて、『自転車安全利用ポスター展』を開催しました。宮城地区では自転車マナーアップを図るため、宮城地区自転車マナーアップ推進協議会を立ち上げ、地域の各種団体の皆さんが一体となって活動しています。その一環で「自転車利用マナーアップモデル中学校」指定の仙台市立広瀬中学校美術部の生徒さんが制作した自転車マナーアップ啓発ポスター33点を展示しました。近年は自転車による重大な事故が急増しています。子どもから高齢者の方まで多くの来場者の皆さんが熱心にご覧になられており、皆さんの関心の高さも伺えました。このポスター展を通じ安全で楽しく自転車を利用いただければと思います。

●開催期間 平成30年9月18日(火)から9月28日(金)まで
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー)
●来場者数 延べ1,000人

 ★「震災の記録パネル展」を開催しました!

マイギャラリーinひろせにおいて、宮城県仙台北警察署による『震災の記録パネル展』を開催しました。東日本大震災の記憶を風化させないことを目的として、東日本大震災・岩手宮城内陸地震時の被災状況等に関するパネル展示を行いました。近年は全国で地震や台風などによる自然災害が多数発生し、多くの方が被災されています。東北地域においても、今後、また起こりうる災害。来館された方は、当時の状況をパネルでご覧になりながら、防災の意識を新たにされていた様子でした。

●開催期間 平成30年9月4日(火)から9月16日(日)まで
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー)
●来場者数 延べ600人

 ★「広瀬オカリナミニコンサート」を開催しました!

9月15日(土)にマイステージinひろせで、宮城地区在住のオカリナ奏者「Ocarinaたか爺」さんのミニコンサートが開催されました。曲目は「涙そうそう」ほか6曲、映画音楽やアニソンなど、バラエティ豊かな選曲でした。天気のすぐれないなか、約40名のお客様が集まり、その音色を楽しみました。ところで「Ocarinaたか爺」さん、普段の活動は音楽交流SNS“nana”上で行っているとのこと。作並駅待合室で演奏していたところ、聴衆の女子高生からこのサイトを紹介され、自らの活動報告や演奏の紹介、他の演奏家や音楽愛好者との交流をはかっているとのことです。皆さんも一度覗いてみてはいかがでしょうか。

オカリナのやさしい音色に皆うっとりと聞き入っていました。

オカリナの説明もあり、興味津々です。

終演後は「よかったよ~」と観客の皆さんから握手ぜめ。

短い時間でしたが充実のステージでした。

 

●開催日時 平成30年9月15日(土)14時から(開場13時30分)
●開催場所 広瀬文化センター(2階ミニステージ)
●出 演 Ocarinaたか爺
●来場者数 延べ40人

 ★「音の見える化コーナー」を開催しました!

センターへ来館されるお客様に、舞台機構全般に関する知識を楽しみながら学び、ホールでのイベントや舞台機構をより深く楽しんでもらうため、「音」にスポットを当て、音を見て学んでいただく、『音の見える化コーナー』を開催しました。わかり易く音について解説したパネルを掲示し、実際に音の出る機材とオシロスコープを設置、音を視覚的に理解してもらうコーナーと、スペクトラムアナライザを使用した電波を見て理解するコーナーを設けました。夏休み中の子ども達にも大変好評でしたが、「これがホールでの“音”を理解する入口ですね?おもしろい企画ですね。」と言ったご意見をいただくなど、保護者の皆さんも一緒に楽しまれていました。今後も、舞台芸術をわかり易くお伝えするために、こうした企画を催していきたいと思います。

● 開催期間 平成30年8月15日(水)から平成30年8月19日(日)まで
● 開催時間 9時から21時まで
● 開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー)
● 来場者数 延べ300人

 ★「観察画展」を開催しました!

マイギャラリーinひろせにおいて、地元青葉区芋沢の大沢幼稚園の皆さんによる『観察画展』を開催しました。これまでは年長の子ども達が自分の描きたいものを想像で描いてきましたが、今回はをテーマを決めて野菜や果物を描くことにしました。始めに黒で輪郭を取り、色付けは各自の自由な発想で塗りました。トウモロコシやスイカ、パイナップルにメロンなど、56人の園児たちが、じっくりと観察しながら一生懸命描いた観察画作品。絵を描くことが大好きな子ども達の力作は、たくさんの皆さんにお楽しみいただけたでしょうか。

●開催期間 平成30年8月20日(月)から8月31日(金)まで
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー)
●来場者数 延べ515人

 

  ★「木の森水族館」展示を開催しました!

マイギャラリーinひろせにおいて、市内で町内会長をされている遠藤幸男さんが制作した木彫りの魚を集めた「木の森水族館」の展示を行いました。えんじゅやケヤキなどの木を素材に、イワナやヤマメ、アユなどの川の魚、また、マグロやメバル、マンボウなどの海の魚、そして、鶴などの水辺の鳥の木彫アート作品およそ100点が会場の1階ロビーを彩りました。三十代の頃に楽しみながら制作した作品が展示会入賞したのがきっかけで始まった趣味とのこと。30年以上も続いているそうです。当センターに来館した夏休み中の子ども達は水族館の魚たちを鑑賞しながら、喜んで作品と一緒に記念撮影などをしていました。皆さんに木彫の水族館で十分涼んでいただくことは出来ましたでしょうか。

●開催期間 平成30年7月18日(水)から月29日(日)まで
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー)
●来場者数 延べ1,500人

 ★「平成30年度仙台市戦災復興展」プレイベント写真展を開催しました!

仙台市では仙台空襲により焼野原から復興を果たした先人たちの努力に敬意を表し、次の世代へ伝承することを目的として、仙台市戦災復興記念館(指定管理者 仙台ひとまち交流財団・東北共立グループ)を会場に戦災復興展を毎年開催しています。今年も7月6日(金)から15日(日)まで開催する戦災復興展のバックアップを目的として、当センター1 階ロビーを会場に、仙台の今昔の写真展示や、戦争を体験された語り部の証言映像を収録したアーカイブ映像の放映を行いました。

●開催期間 平成30年6月12日(火)から7月15日(日)まで
●開催時間  9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー)
●展示内容
  ・ 戦災復興の様子を撮影したパネル写真
  ・ 仙台市戦災復興記念館アーカイブ映像
●来場者数 延べ2,000人
●平成30年度戦災復興展の詳細については、ご案内ちらしをご覧ください。

 ★ 「仙台フィルハーモニー管弦楽団スペシャルトークイベント」を開催しました!

6月7日(木)開催の仙台フィルハーモニー管弦楽団主催「日本のオーケストラ音楽」展の関連イベントとして、広瀬図書館と広瀬文化センターが協力して、文化センター2階のミニステージを会場にスペシャルトークイベントをお届けしました。欧米作曲家が日本人に与えた影響や、作品が上演された当時のオーケストラ界のことをはじめとして、何かと難しくとらえられがちな現代音楽を、実際に曲を聴きながら分かり易く解説していただきました。楽しむコツとして「決して難しく考えず、自由に純粋に音楽をシャワーのように浴びてみてください。」とのお言葉や、また、関連する図書やCDなどの展示もあり、来場した音楽好きの皆さんも十分にご満足いただいた様子でした。

●開催日時 平成30年5月4日(金)14時から(開場13時30分)
●開催場所 広瀬文化センター(2階ミニステージ)
●出      演 高関    健 氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団レジデント・コンダクター)
                  磯貝 純一 氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団事業部長)
●来場者数 延べ30人
●「日本のオーケストラ音楽」展についてはこちらのご案内ちらしをご覧ください。

 ★「とっておきのこどもARTクラブ作品展2018」を開催しました!

マイギャラリーinひろせにおいて、錦ケ丘の地域を中心に創作活動を行う子ども達の「こどもARTクラブ作品展」を開催しました。今、大人気のパンダの絵画や貼り絵、スチームパンクに挑戦した作品、また、『河北こども美術展』入賞作品など、子ども達が工夫をこらして楽しく作ったアート作品の意欲作が会場のオープンスペースを彩りました。


●開催期間 平成30年4月28日(土)・4月29日(日)
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(2階オープンスペース)
●来場者数 延べ170人

ひろせ環境美化プロジェクト

広瀬文化センターでは、文化センターが地域の一員としての自覚を持って、地域の皆さんとともに環境行動を実践していくために、「ひろせ環境美化プロジェクト」を推進中です。ひろせ環境美化プロジェクト」では、地元町内会や子供会の皆さんと協力して、花植え活動、清掃活動などに取り組んでいます。また、施設内においても、「リサイクルコーナー」や敷地にコンポストを設けるなど、環境に優しい施設運営を目指した取り組みを実践しています。今後も、地域の皆さんやお客様と協力しながら、施設周辺と地域の環境美化に努めていきたいと考えます。

 ★「緑のカーテン」で気持ちの良い季節を!

新緑の季節を迎えた仙台ですが、広瀬文化センターでは、ひろせ環境美化プロジェクトの取り組みの一つとして、今年も「緑のカーテン」を活用していく予定です。「緑のカーテン」は、建物の壁に沿って植物を植えることで、照りつける強い日差しを遮り室温上昇を抑制する効果があります。施設の冷房機能やエアコンの使用を抑えることにつながり、節電や省エネに寄与します。今年も施設南側の広瀬図書館の壁にゴーヤや朝顔の種を植えました。効率よく水分を与えられるよう、職員がちょっとした工夫の工作を施しました。気軽に取り組めることから、皆さんも植物を育てることを楽しみながら、環境保護に役立ててみてはいかがでしょう。

 ★6月9日(土)「春の花いっぱい運動」で上町南子供会の皆さんにお花を植えていただきました♪

6月9日(土)、“春の花いっぱい運動”として、上町南町内会、上町南子ども会の皆さん約50人で広瀬文化センター正面広場のプランターにたくさんのお花を植えていただきました。マリーゴールドやアゲラタム、サルビアやインパチェンスなどの花を植え、きれいに階段に飾っていただきました。花植えを終えた皆さんからは、「親子で植えたのは初めてです。」、また、子ども達からは、「僕は4回目、妹は2回目です。とても面白かった。」など楽しい時間を過ごした声をお聞きしました。これからの季節は子ども会の皆さんで水を与えていただくなど、花の成長をお手伝いいただきます。皆さんに植えていただいた美しい花々で文化センターが彩られ、地域の方や来館したお客様の目を毎日楽しませてくれるのが今から楽しみです。

 ★環境配慮型事業所「エコにこオフィス」の認定を受けました!

仙台市では環境先進都市として環境への負荷が低減される循環型社会の構築を目指し、「100万人のごみ減量大作戦」を展開しています。こうしたなかで、ごみ減量・リサイクルを推進し、環境にやさしい事業所を「エコにこオフィス」として認定しています。広瀬文化センターは、認定基準としている、紙類の使用量抑制・再利用の促進や、事務用品等の再利用促進・グリーン購入の推進、缶・びん・ペットボトルの分別・リサイクルの推進など10の認定基準を実践し、この認定を受けています。

●暴力団の利益となる使用の制限について

本施設は、条例に基づき「暴力団の利益となる使用」を許可しません。
また、許可した後に、「暴力団の利益となる使用」であることが判明した場合 は、許可を取り消し、または使用を停止します。
なお、暴力団の利益となる使用を制限するため、使用の許可等の決定に当たり、必要と認める場合には、宮城県警察本部に照会する場合があります。