お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

戦災復興記念館

TEL:022-263-6931 FAX:022-262-5465

仙台市戦災復興記念館は、仙台空襲と復興事業の記録を保存し、仙台市の今日の発展の蔭にあった戦災と復興の全容を後世に伝えるとともに、あの悲劇を二度と繰り返さないための平和の殿堂としていくものです。

記念館には、常設の資料展示室のほかに、270名収容の記念ホール、大小11の会議室等があり、市民の文化・自主活動の場として利用していただいております。

  • 資料展示室は20名以上の場合団体料金が適用されます。
    事前に団体申込書でお申込みください。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、又は豊齢者手帳を提示した場合は、入室料が減免されます。
    詳しくは窓口までお聞きください。
語り継ぐ戦後の歴史を私たちの未来へ

お知らせ

消費税課税事業者の皆様へ

令和5年10月1日から適格請求書等保存方式(インボイス制度)が開始されるにあたり、施設の使用料について、インボイスの発行をご希望される場合には、ご予約時又はご利用時に施設窓口までお申し出ください。

・インボイス発行のお申し出があった場合にのみインボイスを交付させていただいております。
・インボイスの交付を受けた後に使用を取消された際には、修正のインボイスを交付いたしますので施設窓口までお申し出ください。

和室で座卓用のイスが使用できるようになりました

第1和室・第2和室・第3和室 それぞれに座卓用のイスを4脚ずつ ご用意しました。

和室をご利用の際は、ご自由にお使いください。

施設の利用について

【施設の利用にあたって】

・発熱や体調不良時にはご利用をお控えください。

・館内におけるマスク着用は利用者の判断となります。

・手洗いやこまめな換気、3密の回避などの基本的感染対策を推奨します。

戦災復興記念館ご利用に際して(各種様式など)

令和6年度休館日カレンダー

 

申込書を下記よりダウンロードしていただき、ご記入の上ご来館いただくと円滑なお手続きが可能です。

抽選申込書  記載例:抽選申込書

使用申込書(ホール)  記載例:使用申込書(ホール)

 

記念ホール注意事項  記念ホール打合せ表

使用申込書(会議室/研修室/和室)  使用変更申込書  使用取消申込書

物品販売(展示)届出書

 

 

各室図面は下記よりご確認ください。(PDF)

記念ホール客席図  看板サイズ

舞台平面図(A4で印刷いただくと縮尺約1/75)

舞台断面図(A4で印刷いただくと縮尺約1/75)

 

4階第1会議室  4階第2会議室  4階第3会議室

4階第4会議室  4階第5会議室  4階研修室

5階会議室   5階和室(第1/第2/第3)  地下1階展示ホール

催し物のご案内

5月の催事予定表

下記画像をクリックすると、新しいタブでPDFファイルが開きます。

敷地内全面禁煙の実施について(ご案内)

当館は、受動喫煙防止対策として「健康増進法の一部を改正する法律」並びに「仙台市受動喫煙防止対策ガイドライン」に基づき、令和2年3月1日(日)より、敷地内全面禁煙といたしますのでご案内します。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

「仙台市戦災復興記念館アーカイブ」を是非御覧ください!

 戦災復興記念館では、デジタルアーカイブ事業の一つとして、DVDの作成及びレンタルを行っています。現在は、学校の授業などでご活用いただける映像4タイトルを収録した「学習教材資料集」と戦争を体験された語り部の証言映像を収録した「アーカイブ映像vol.1」、「アーカイブ映像vol.2」の3本がございます。記念館1階受付窓口で貸し出ししておりますので、ぜひ,ご利用ください。

優しさの色の歌<合唱編>

伊東洋平 とどけ!ほしにねがいを「優しさの色の歌」<合唱編>(せんだいTUBEより)

「優しさの色の歌」は戦後75年の節目の年である令和2年に市内の小学生から寄せられた平和を願うメッセージを基に伊東洋平さんが制作しました。今回、この楽曲を合唱曲として編集しましたので、みなさん、ぜひお聴きください。今後も歌い継がれていくように希望をこめてお届けします。

【この動画に関するお問い合わせ先】 青葉区まちづくり推進課 電話:022-225-7211

 

戦後75年戦災復興展 伊東洋平 とどけ!ほしにねがいを「優しさの色の歌」 ミュージックビデオ

●暴力団の利益となる使用の制限について

本施設は、条例に基づき「暴力団の利益となる使用」を許可しません。
また、許可した後に、「暴力団の利益となる使用」であることが判明した場合 は、許可を取り消し、または使用を停止します。
なお、暴力団の利益となる使用を制限するため、使用の許可等の決定に当たり、必要と認める場合には、宮城県警察本部に照会する場合があります。

※令和4年4月1日から仙台市戦災復興記念館は仙台ひとまち交流財団・東北共立グループが運営しております。