お問い合わせ・メール

公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団

広瀬文化センター

TEL:022-392-8401 FAX:022-392-8410

仙台市郊外にありながら、中心部から車で15分ほどの距離。 605名(車椅子席5席含む)収容のホールは、音楽の発表会・練習はもちろん、舞踊・演劇など、ジャンルを問わず幅広い用途にお使い頂けます。特に、多目的ホールとしては残響特性にすぐれているとご好評を頂いております。

感動を形にする文化芸術創造空間

お知らせ

施設使用料の納入方法について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を主な理由として下記対象期間内の施設のご利用をキャンセルする場合、キャンセル料は不要とし、納付済みの使用料がある場合にはお返しいたします。
これに伴い、還付申請に係わるお客様の手続き負担軽減のため、現金による施設使用料のお支払いについては、窓口でのお手続きにより本来の支払期限日を超えてお支払いいただくことも可能となります。詳細は、文化センター窓口までお問い合わせください。

(対象期間)
 当面の間とし、令和4年7月20日以降に取り消したものに遡及適用します。

舞台機構改修工事に伴う一部休館のお知らせ

常日頃から、広瀬文化センターをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

当施設は、令和4年10月から令和5年3月までの期間(予定)において舞台機構改修工事を行うためホールをご利用いただくことができなくなります。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

※ 文化センターホール以外のリハーサル室と市民センター諸室は通常通りご利用できます。

フリーWi-Fi導入のご案内

11月1日(月)より、当文化センターホール(ステージ・ホワイエ)、リハーサル室、広瀬市民センターの会議室、セミナー室(A)、和室(2)、創作室、オープンスペースでフリーWi-Fiがご利用いただけるようになります。地域活動・生涯学習活動・文化活動など、様々な場面でご活用ください。
詳しくは窓口にお問い合わせください。

広瀬文化センターのご紹介です

※広瀬文化センターの管理運営を受託している(公財)仙台ひと・まち交流財団の公式Youtubeチャンネル「仙台ひと・まちチャンネル」では、市民の皆様の地域活動などの魅力を伝えるための動画を配信していきますので、是非チャンネル登録をお願いします。

広瀬から創ろう!!ブロードウェイ!!~パフォーマンス集団「白A」と一緒に~の座席用整理券の配布は終了しました

令和4年9月12日(月)から配布を開始しました「広瀬から創ろう!!ブロードウェイ!!~パフォーマンス集団「白A」と一緒に~」の座席用整理券は、全ての整理券の配布が終了しました。
配布できない皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようよろしくお願いします。
なお、当日は、整理券不要の「立見」でのご観覧も可能ですので、是非ご来場ください。
 ※立見によるご観覧の場合は、直接会場にお越しください。
 ※立見で観覧可能な場所は、指定させていただきます。
開催日当日(10/9)は、午後2時までに広瀬文化センターホームページにて「開催」「延期」をお知らせしますので、必ずご確認ください。
また、延期された際にも、延期日当日(10/10)午後2時までに広瀬文化センターホームページにてお知らせします。
 ※広瀬文化センターホームページ(https://www.hm-sendai.jp/sisetu/hirose/)

広瀬から創ろう!!ブロードウェイ!!~パフォーマンス集団「白A」と一緒に~を開催します!

宮城広瀬高等学校演劇部卒業生が母体となって活動を始め、現在では海外公演の実績を積み重ね、仙台でも仙台うみの杜水族館でのパフォーマンスも話題となっているパフォーマンス集団「白A」のプロデュースによる、野外ステージイベント「広瀬から創ろう!!ブロードウェイ!!~パフォーマンス集団「白A」と一緒に~」を開催します。
当日は、白Aの皆様のプロジェクションマッピングを駆使した卓越性のあるパフォーマンスに、令和4年9月11日(日)に折立市民センター主催事業「親子たいけん隊第2回」として開催するワークショップご参加の皆様が描く自由なアート作品を加えて、会場を盛り上げます。
また、野外ステージイベントのオープニングでは、宮城地区を活動拠点にする「DANCE SCHOOL ATOMS」の皆様と白Aの皆様によるダンスを披露し、更に会場を盛り上げます。

●出  演:白Aパフォーマー
●日  時:令和4年10月9日(日)19:00~20:00
       ※悪天候時は、翌日の10月10日(月・祝)19:00~20:00に延期します。
●会  場:広瀬文化センター正面玄関前 特設ステージ
●観覧方法:当日は「座席での観覧」か「立見での観覧」となります。座席用整理券の配布は終了しました。
      ・座席による観覧の場合は、お一人様1枚の「座席用整理券」が必要です。
      ・立見による観覧の場合は、整理券は必要ございませんので、直接会場にお越しください。
       ※立見での観覧スペースは、指定させていただきます。
●整理券配布:「座席用整理券」は、令和4年9月12日(月)午前9時より、広瀬文化センター窓口で配布
       を開始します。
       ・整理券の配布は、100枚となります。
       ・整理券は、お一人様2枚までの配布となります。
       ・整理券は、無くなり次第、配布終了となります。
●そ の 他:開催日当日(10/9)は、午後2時までに広瀬文化センターホームページにて「開催」「延期」
       をお知らせしますので、必ずご確認ください。
       また、延期された際にも、延期日当日(10/10)午後2時までに広瀬文化センターホームペー
       ジにてお知らせします。
        ※広瀬文化センターホームページ(https://www.hm-sendai.jp/sisetu/hirose/)

チラシの内容は こちら をご覧ください。

 

「親子で落語体験・ワークショップ&落語会」を開催しました

公益社団法人落語芸術協会が主催し、広瀬文化センターが後援する「親子で落語体験・ワークショップ&落語会」を開催しました。
当イベントは、落語という伝統文化を体験、習得できる親子を対象としたワークショップの機会と、プロの落語家などによる落語会を誰でもご覧いただけるよう開催したものです。
親子で落語体験・ワークショップでは、ご参加いただいた皆様に落語では欠かせないおそばを食べる、刀を抜く、手紙を書くといった仕草や小噺を、プロの落語家から伝授される貴重な機会となりました。
また、落語会では、真打による落語、尺八の演奏やお囃子など、見どころ満載な寄席となり、会場内では笑いが溢れる楽しい一時となりました。
お暑い中でご来場いただいた皆様、誠に有難うございました。

●親子で落語体験・ワークショップ
 ・日  時:令和4年8月21日(日)13:30~14:20
 ・参加人数:15名
 ・会  場:広瀬文化センター ホール
●落語会
 ・日  時:令和4年8月21日(日)15:00~16:45
 ・出  演:桂 小南(真打)、六華亭 遊花 ほか
 ・入場者数:131名
 ・会  場:広瀬文化センター ホール
●チラシの内容は こちら をご覧ください

 

5月28日(土)上町南町内会や子ども会などの皆さんとともに「春の花いっぱい運動」を行いました!

令和4年5月28日(土)に、春の花いっぱい運動として上町南町内会や子ども会などの約50人の皆さんにご参加いただき、広瀬文化センター正面広場階段のたくさんのプランターに花の苗を植えていただきました。
今回は、ニチニチソウやセンニチソウ、サルビアなどの苗を植えていただきましたが、保護者の方からは「久しぶりに土に触れさせていただきました」との感想や、お子さんからは「初めて植えて楽しかった」との感想をいただくことができました。
色鮮やかに咲いた花々が、ご来館の皆さんを毎日和ませてくれることを楽しみにしています。

「23rdミュージックフェスティバル2022広瀬のひびき~Swing&Harmony~」の開催が中止となりました

2022年1月30日(日)に開催を予定しておりました「広瀬のひびき」ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止することとなりました。

楽しみにされておられました皆様には大変申し訳ありませんが、参加予定の生徒の皆様、合唱団体や関係者の皆様の健康・安全面を第一に考えたうえでの判断でありますことを何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

「はばたけ展」を開催しました!

平成10年度から始まった『はばたけ展』。仙台市立折立中学校・広瀬中学校・大沢中学校・錦ケ丘中学校の特別支援学級の皆さんによる合同作品展で、今年も2月11日(土)から開催しました。この作品展は、みんなで協力して一つの物を作り上げる達成感を味わうことや、生徒の皆さんの頑張りを地域の人たちに知ってもらうことを目的として毎年開催しています。今年も絵画や書道、工作など、数多くの作品を展示し、また、各校支援学級の交流活動の紹介なども行いました。生徒の皆さんが一生懸命に制作した創造力溢れる作品ばかりでした
ご来場ありがとうございました。

●開催期間 令和4年2月11日(金)から25日(金)まで(休館日を除く)
●開催時間 9時から21時まで(最終日は13時まで)
●開催場所 広瀬文化センター(2階オープンスペース)
●入  場 無料
●詳しくはこちらの ご案内ちらし をご覧ください。

12月22日(水)から「地域で伝える平和学習」パネル展を開催しました。

地域で伝える平和学習

広瀬文化センターでは地域の歴史を学びながら戦災復興への仙台市民の努力と成果、そして平和への想いを、未来を担う地域の子どもたちに語り継いでいくために、戦災復興記念館、広瀬市民センターと協力して、「地域で伝える平和学習」事業を行っています。地域の小学校を訪問し子どもたちがいる教室で、戦争体験者である地域のお年寄りに、地域の戦前・戦時中・戦後の暮らしや、時代の移り変わりについて、資料や映像を用いながら生の声でお話しいただく内容です。

★12月22日(水)から「地域で伝える平和学習」パネル展を開催しました。

「地域で伝える平和学習」の開催に先立ち、事業を紹介する場として、12月22日(水)から1月10日(月)まで、広瀬文化センターロビーにおいて、「地域で伝える平和学習」パネル展を行いました。

●開催期間 令和3年12月22日(水)から令和4年1月10日(月)まで
●開催時間 9時から21時まで
●開催場所 広瀬文化センター(1階)ロビー

財団設立30周年記念事業を開催しました

財団設立30年を迎えた今年、これまでの歩みを振り返りつつ、「ありがとうでつなぐ ひと と まち」という共通メッセージのもと、皆さまへの感謝の気持ちを込めて、施設特性や地域特性に応じた多様な文化事業や豊かで魅力的なまちづくりについて共に学び共に考えるフォーラムなど、記念事業をリレー形式で開催しました。
各事業の様子については、記念事業特設ウェブサイトをご覧ください。

↓↓↓【広瀬文化センターでは以下の記念事業を開催いたしました!】↓↓↓

広瀬から創ろう!!ブロードウェイ!!~パフォーマンス集団「白A」と一緒に~を開催しました

財団設立30周年記念事業のStage4として、宮城広瀬高等学校演劇部卒業生が母体となって活動を始め、海外公演の実績を積み重ねているパフォーマンス集団「白A」のプロデュースによる、「広瀬から創ろう!!ブロードウェイ!!~パフォーマンス集団「白A」と一緒に~」を開催しました。
当日は、白Aの皆様のプロジェクションマッピングを駆使した卓越性のあるパフォーマンスと、令和3年12月18日(土)に愛子児童館及び大沢児童館で行ったワークショップご参加の皆様が描かれた自由なアート作品、そしてご来場の皆様との感性が一体となって創り出された新たな文化芸術作品を十分に堪能いただき、会場内ではお子様方の笑い声も飛び交うなど、楽しい一時とすることができました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

●出 演:白Aパフォーマー
●日 時:令和4年1月16日(日)14:00~15:00

イベントの様子は こちら をご覧ください。

「-撮る・観る・想う-PHOTO HIROSE」を開催しました

広瀬文化センター1階ロビースペース・2階オープンスペース・ミニステージを活用して、写真展「-撮る・観る・想う-PHOTO HIROSE」を開催しました。地域の名所や地元に伝わる行事、日常の生活の中で感じられた大切な出来事、個人の思いなどを地元アマチュア写真家の目線で見つめてみました。今回も多くの皆さんに写真作品をご覧いただき、お楽しみいただきました。
ご来場、ご出展いただきました皆さん、誠にありがとうございました。

● 開催期間 令和3年12月7日(火)から12月19日(日)まで
● 開催時間 9時から21時
● 開催場所 広瀬文化センター(1階ロビー・2階オープンスペース・ミニステージ)
● 詳しくはこちらの ご案内ちらし をご覧ください。

11月13日(土)「秋の花いっぱい運動」で上町南町内会の皆さんにお花を植えていただきました♪

11月13日(土)今回も晴れやかな秋空のもと、“秋の花いっぱい運動”として地元上町南町内会の皆さんで、当センター正面広場のプランターに葉牡丹とパンジーを植えていただきました。町内会長からもコロナ禍が一日も早く収束して全ての子ども会の皆さんに声掛けをして活動を行いたいとのお話がありました。これからの寒い季節、皆さんに植えていただいた鮮やかな花が、地域の方や来館したお客様の心を和ませてくれると思います。上町南町内会の皆さんありがとうございました。

    

「MIYAGIイルミネーションPLUS~ありがとうを伝えよう~」が開催されました

広瀬文化センターは地域唯一の劇場型ホールとして、地域のイベントを積極的に応援し、地域の文化資源の掘り起こしに努めています。
毎年秋に開催される「宮城地区まつり」では、運営スタッフの一員として催し物の運営に参加していましたが、昨年、今年と残念ながら中止となりました。そのような中、コロナ過でも安心してお楽しみいただき、地域を少しでも元気付けられるようなイベントを開催しようと、今年は10月30日(土)から11月6日(土)までの間、「MIYAGIイルミネーションPLUS~ありがとうを伝えよう~」が開催されました。
期間中は、宮城総合支所と広瀬文化センターの敷地の一部をイルミネーションで彩り、開催初日の10月30日(土)には広瀬文化センターの正面広場内に仮設ステージを設けてオープニングイベントが開催され、最終日の11月6日(土)にはクロージングイベントが開催されました。
オープニングイベントでは、ダンスや伝統芸能の演技、演奏などが行われ、途中、イルミネーション点灯のカウントダウンが行われるなど、会場が大いに盛り上がりました。また、クロージングイベントでは、地域の皆さんが作ってくれた願い事などが記された紙コップを使用してキャンドルを作り、イルミネーションが更に彩られた中で、ご来場いただいた多くの皆さんにも楽しんでいただくことができました。
今回、イルミネーションの設営や、オープニングイベントにおける音響や照明等の技術的な役割りも担わせていただき、文化センターとしても様々な皆さんとの交流と学びの機会とすることができました。

2021 バックステージツアーを開催しました。

バックステージツアー ~裏方さんのお仕事体験(照明編)~

今回のバックステージツアーは、広瀬市民センターで広瀬地域の自然の魅力を伝える活動をしているカッパダ川ダンス部のみなさんにダンス発表のご協力をいただきました。

カッパダ川ダンス部のみなさんのダンスを華やかな照明で演出し、参加者の皆さんに実際に照明機材を操作していただくことで、舞台上の人や物を輝かせる照明マジックを体験してもらいました。

なおバックステージツアーの受付やツアー進行補助に、インターンシップできてくれていた広瀬高校の生徒さん2名にもご協力いただき、安全に楽しくツアーを開催することができました。

● 開催日時  令和387日(土)10時から1130
● 開催場所  広瀬文化センターホール
● 入  場   無料
● 参加者数  小学生7人および保護者の方

● 詳しくは こちらの募集ちらしをご覧ください。 
● 詳しくは こちらの当日の様子をご覧ください。 

敷地内全面禁煙の実施について(ご案内)

当センターは、受動喫煙防止対策として、「健康増進法の一部を改正する法律」並びに「仙台市受動喫煙防止対策ガイドライン」に基づき、令和2年4月1日(水)より、敷地内全面禁煙といたしますのでご案内します。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

仙台市広瀬文化センター使用料改定のお知らせ

消費税率引き上げに伴い、市民年利用施設の使用料について、2019年10月1日利用分より、消費税相当分を8%から10%に改定した新使用料が適用されます。(ただし2019年9月30日までに申請などの所定の手続きが済んでいる場合は、利用日が2019年10月1日以降でも現行の料金を適用します。)
※改定後の使用料は こちら をご覧ください。
※改定内容についてご不明な点は、施設所管課にお問合せください。
※施設所管課:市民局地域政策課(電話022-214-6130・FAX022-214-6140)

マイステージinひろせ & マイギャラリーinひろせ

広瀬文化センターでは、一年を通して「マイステージinひろせ」並びに「マイギャラリーinひろせ」事業を実施しています。マイステージ&マイギャラリーは、地域の皆様に文化センター内のロビーやミニステージ、オープンスペースなどの空間を発表場所として積極活用いただき、芸術・文化活動を身近に楽しむ機会と、当センターの賑わいのある楽しい空間創りに取り組むものです。これまでには、ミニ演奏会や発表会、また、写真や絵画などのアマチュア作品展示の場としてご利用いただいおり、催しが成功するよう文化センターがサポートします。下記の募集要項にて利用団体を募集中です。ご応募をお待ちしております。

● マイステージ&マイギャラリーinひろせ募集要項

●暴力団の利益となる使用の制限について

本施設は、条例に基づき「暴力団の利益となる使用」を許可しません。
また、許可した後に、「暴力団の利益となる使用」であることが判明した場合 は、許可を取り消し、または使用を停止します。
なお、暴力団の利益となる使用を制限するため、使用の許可等の決定に当たり、必要と認める場合には、宮城県警察本部に照会する場合があります。